new-h


Eminem not here forever.

2019年5月21日火曜日

ETS2 vs. おっちゃん vs. VIVE vs. 画面キャプチャ


5月8日に届いたVIVE Proで、Rift同様、やっぱりVRスクショの怒ハマリをやらかして、今日になってようやく見通しをつけた次第。

ホント、ヤレヤレだわ。

もっともOBS経由の動画から、ってことなんらけもさ。





VIVEのスクショはSteamVR上からコントローラーで撮るっちゃね。

このコントローラーはメッチャ扱いにくい上にボタンを2つ押さなきゃならんし(システムボタンとトリガー)。

ところが、さらなる問題は、ETS2が公式にSteamVRをサポートしてないところにあるんだっちゃ。

これまで何百回、設定を変えながらコントローラーのボタンを押し、たまたま、何かのはずみで、うっかり撮れてしまったのが、たったの2つ。

コントローラーで撮るとSBSの2コマ分1枚と、1コマ分の計2枚が連続して撮れる。





ま、コントローラースクショを固定できる設定があるのかもしれんけど、おっちゃんに、その道のりは、まって遠そうずらよ…



Riftの時も困ったんだけんども、通常のVRプレイ画面はモニターに真っ暗にしか表示されず、これだと殆どの場合で画面キャプチャが出来ない。

Riftの場合は、ユーザー設定ファイル(config.cfg)の変更でモニター表示が可能になったけも、VIVEじゃ、そのコードが現れない。

そんな時、海外ユーザーの「OBSを使ってみれ」っていうアドバイスを読んで、Riftで失敗したOBS Studioを再び持ち出すことに。

OBS Studio: https://obsproject.com/ja

VIVEでのETS2起動設定:







・ 先ずは、OBSを起動。
・ 続いてETS2をVRで起動、オプションでOBSを操作できる画面サイズに変更。
・ ヘッドセットを外し、キーボードの「Tab」+「Alt」をポチしてVR画面からカーソルをデスクトップに移動させ、OBSをETS2-VRがキャプチャ画面に表示できるように設定。

今回は上手く表示させられたOBS画面が下。

右がキャプチャ、左がプロパティ、上の黒い部分がVR画面。

キャプチャ画面がそれぞれ突然にひっくり返った。
海外ユーザーがその辺のところ、ヒントっぽいこと書いてたようだけんども、編集で直せるんで放ってる。





ちなみに、FALLOUT4 VRがSteamで35%オフ(5,187円)してて、数日前に買った。
https://store.steampowered.com/app/611660/Fallout_4_VR/

こちらのスクショはコントローラーで問題なし。

ただし、コントローラーの使い勝手は発狂レベルだっちゃ。

おっちゃんにはね。






2019年5月18日土曜日

ETS2 1.35 オープンベータがSteam で公開だよ


https://blog.scssoft.com/2019/05/euro-truck-simulator-update-135-beta.html

公開試用版ってことで不具合は覚悟の上の導入方法は、
ライブラリのETS2を右クリックでプロパティを選択して以下へ。


1.35をクリックすれば自動でインストールが始まるっちゃ。



主な更新内容:

・ 標準マップでのドイツと各DLC上のマップ修正


スカンジナビアじゃ標識が修正されたりなんかしちゃってるんだぜ。

・ コンテナトレーラーの所有化
・ 所有トレーラーのアクセサリー・ブラウザを設置
・ 伐木トレーラーの所有化
・ ダブルトレーラー使用地域にドイツ、オランダを追加
・ オンラインによるガレージ購入
・ Razer Chromaのサポート
・ 緊急のための給油サービス
・ ワイパーの改善
・ 雇用ドライバー数を増枠





SCSオリジナルスクショの色合い誇張が随分ケバい。

下品で貧相な誇張だね。




2019年5月15日水曜日

今年もやるよ バリバス・スポニチ佐渡島磯釣り大会2019 6 ~


https://yaplog.jp/sado-yamadaya/archive/6795

今回は受付(検量/表彰式)場所が変わったんで注意してちょ。

過去の「おんでこドーム」とは位置的に正反対になる、佐渡汽船両津ターミナル北側の「アイポート佐渡」。
過疎自治名物ゴリ押し無駄使いの、使う人がいないんで無理やり使わされた感がある意味不明施設ぞなもし。


https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92952-0011+%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E4%BD%90%E6%B8%A1%E5%B8%82%E4%B8%A1%E6%B4%A5%E5%A4%B7/@38.0821032,138.4361572,17z/data=!4m5!3m4!1s0x5ff35cf414145ecf:0xc7b5551ec9e11170!8m2!3d38.0853434!4d138.4331624?hl=ja



先ずは電話で参加申し込み: 佐渡島磯釣り大会受付 025(245)7511
※ ガメチンを見て電話しました~とは、言わない方がいいと思う。

定員100名。

参加費: 2500円 エサ代等は含まず。

現地受付日時: 6月8日(土)18時から22時30分。

大会開始日時: 6月9日(日)午前0時。
検量締め切り時間: 14時。
表彰式は14時30分から。

悪天候等での順延なし。

賞品総額は50万円。

釣り方は自由だそうですっちゃ。

問い合わせは沢根・山田屋まで 0259(52)6513






2019年5月14日火曜日

ETS2 新マップDLC「Road to the Black Sea」は今年末に発売だってさ


https://blog.scssoft.com/2019/05/road-to-black-sea.html

Steam: https://store.steampowered.com/app/1056760/Euro_Truck_Simulator_2__Road_to_the_Black_Sea/

日本語で言う「黒海」ってやつね。

ETS2のマップじゃ、ルーマニア、ブルガリア、トルコの3国が追加されるっちゃ。





ちなみに、ATSのオープンベータ1.35が5月10日に公開されたらしくて、ETS2版も間近のようだす。

DLC「黒海」まで、あと2回くらいアップデートありそうらけも…










2019年5月9日木曜日

ETS2 はアイ・トラッキングに乗り出すってさ


https://blog.scssoft.com/2019/05/135-preview-stream-episode-2-another.html

アイ・トラッキング(Eye Tracking)とは、視点を動かす方向へゲーム画面を移動させる機能。

言ってしまうと、VRの2D版かな?

一部の先駆者らは、既にやってたけもさ。

製品名はTobii Eye Tracker 4C、細長い受信機をモニター下に設置するみたい。





メーカーサイト: https://gaming.tobii.com/product/tobii-eye-tracker-4c/





169ドルは今のレートで18,600円ほど。

対応はATSも含めて1.35?

おっちゃんは、昨日、VIVE Proが届いて、設定を終え、ちょこっとETS2をプレイしてみた。

Oculus Riftに比べて静止画面の改善は75%アップって感じ。

でも、
動き出したとたん、縦線のビラビラは相変わらず…ですっちゃ。




2019年5月1日水曜日

仕事半減なのにVIVE PRO スターターキット注文しちまっただぜ


もちろん税込み143460円の廉価版の方。

GW中、発送は休みっていうHTC Viveストアで。
https://www.vive.com/jp/product/vive-pro-starter-kit/





スターターキットは、175000円ほどのフルキットと比べてベースステーションやコントローラーが旧型(v1.0)になっとるのね。

ベースステーションのv2.0は受信範囲が広がってるらしいけも、ETS2やFALLOUT4程度のプレイにはv1.0で十分って感じ。

そう、これでやっとFALLOUT4 VRがプレイできるんだっちゃ♪



Oculus Riftの解像度は2160x1200。

VIVE PROは2880x1600。

Riftの1.8倍とかになるらしい。

ETS2の画質改善を期待しつつ、ホントはFALLOUT4がやりたくて無理しちった。

ま、車中泊用のポー電2台がVIVEに化けたと思って乗り切るさ。




皇紀二六七九年 令和元年