new-h


Eminem not here forever.

2016年6月23日木曜日

ProMods 2.03 (ETS2 1.24対応)の公開情報と、ダウンロード方法


ProModsはETS2の標準マップをアレンジしてくれるMOD。

アレンジの範囲は、この手のものとして最も大がかりなんじゃないかな。

しかも、TSMや、Rus Mapとも連携が可能。

そのETS2 1.24対応版が公開された。

ただ、TSM 6.3との組み合わせでゲーム・クラッシュしちゃったけど、状況にもよるんで、これから煮詰めていこうと思う。



ちなみに、グラボを970に戻した。

(*ノ∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

(*ノ∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

1080で始めは良かったのに、1回のクラッシュ以降、ETS2自体が立ち上がらなくなったっちゃよ。

で、一時的に。







ProModのDLには、フォーラム会員登録が必要。

先ずはそこから。

http://blog.promods.net/

最上段の赤枠、「FORUM」をクリック。以降、赤枠をクリックね。









「Language」で日本語を選んでおくと、ここからのDLがし易くなる。

「Submit」クリックで、フォーラムのトップページに飛び、ページが日本語に替わる筈。




続いてDL編。

途中、「Def」ファイルを作りに寄り道があるんで注意。

フォーラムのトップページから同様に、以降、赤枠をクリックね。









ここで「Defファイルを作成」をクリックして、ちょい寄り道。



最下段にチェックを入れて「作成」クリックでDefファイルがDLされる。



寄り道前に戻って…







無料を選択した場合、事業者サーバーが開いて、5秒待つと、ページ右上にDLリンクが表示される。

アドブロックを有効にしてると、そのDLリンクが現れない。

悪質な広告が表示される場合もあるけど、そこで挫けてちゃ、欧米のネットサービス相手に欲しいものは得られない。

1から7までの7zファイルがあって、インストールに必要な5つの.scsファイルは1に格納されてる。

promods-assets-vXXX.scs
promods-map-vXXX.scs
promods-media-vXXX.scs
promods-model1-vXXX.scs
promods-model2-vXXX.scs

これに先にDLしたpromods-def-vXXX.scsを加え、計6つを、ドキュ/ETS2/modフォルダに入れ、ゲーム起動後、MODマネージャーで左枠から該当MODを選んで右枠に移し、下部の「確認」ボタンを押して完了。





お終い。




2 件のコメント:

  1. Going Eastとかって必要ですか?
    いくらやってもうまくいかないのですが(涙)

    返信削除
    返信
    1. Going Eastは、DLCやMODで必要とするものが幾つか有った筈です。

      湾岸マップの、こうつう氏によれば、マップに関わるシステム上の新しい要素が、そこで追加されたそうで、欲しいDLCやMODに関連してなければ、どうしても必要になるモノじゃないようですが、有るにこしたことはない、って感じです。

      Going Eastはパッケージ版ですか?

      そのインストールが上手くいかない場合、認証キーがあるなら、Steam版に切り替えてしまうのも手だと思います。

      もちろん、ゲーム本体がSteam版でないなら、その切り替えも必要になりますが。

      アカウントのあるSteamを開いて、画面最下段の「+ ゲームを追加…」をクリックし、「Steamでアイテムを有効化」を選択、「製品コード」(認証キー)を入れていきます。

      既にインストール済みのゲーム本体等の場合は、「+ ゲームを追加…」から「非Steamゲームを追加」をクリックすると、PC内のexeファイル一覧が表示されるので、その中からETS2等を選べば完了です。

      ただし、自動アップデート機能には、注意して下さい。

      また、もし、Steam版でインストールが上手くいかない場合は、ヘルプから新たにアカウントを作って日本語で、その旨を問い合わせるのが一番と思います。

      ちゃんと日本語で回答されます。

      長すぎ失礼…

      削除