new-h


Eminem not here forever.

2015年12月26日土曜日

転載) 竹島放置は何処までも… 慰安婦問題一時収束が「関係前進」と大ボラ内閣


国内愚民政策に邁進しながら、実は、米国による愚民政策の最大被害者かも知れない安倍総理。

殆ど誰でも考え得る、数年後か、数十年後に必ず、南鮮がデッチ上げて来るだろう戦争犯罪への再々金銭要求。

その、せめてもの抑制力を、米国の政府声明に縋る、と言い出した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151225-OYT1T50089.html?from=ytop_main2

一国の政体代表足る自負もなく、責任を負う意志もない、恥知らずの強国依存者としちゃ、「ベタ」な選択か…



上記、読売記事は珍しく興味深い図を載せた。

1995年から2007年まで財団法人化され、従軍慰安婦と称された南鮮61人(1人当たり500万円)、台湾13人(1人当たり500万円)、フィリピン211人(1人当たり320万円)へ支払うための「アジア女性基金」拠出内訳だ。

・日本政府(血税): 48億円

・国民寄付: 6億円

今回、前回の1人当たり500万円を上回るものと見る。

また、政府は、日本、南鮮両国からの拠出の可能性を仄めかしてるが、土下座的、無策的「再」金銭援助へのゴマカシはみえみえで、真相が隠される可能性も出てきた。



一国としての最優先事項は、国家概念に照らし、国領、竹島の奪還にある。

慰安婦問題は、所詮、南鮮の統治問題で、本来、日本人が取り組む次元にない。

にも拘らず、まんまと巻き込まれ、まるで日本の問題のように優先事項化されてるのは、竹島奪還が日本の主権確立へ及ぶことに怯える米国と、そこでの重責に怯える日本政体との利害が一致したゆえ。

が、

勝負を制したゴロツキを戒める手段がないことは、支那・朝鮮の惨たらしい歴史が証明してる。

つまり、勝たせたゴロツキとの、どんな関係前進も起こり得ないってことだ。

今後、どれほどの血税を半島に降り注いでも、

民間外交と煽てて、どれだけの友好と功績をデッチ上げても、

これまで通り、得られるのは米国のご機嫌だけで、日朝関係は何も変えられず、日本は、脅かされ続ける。


何ともアホ… デッチ上げ慰安婦の写真展中止でニコンに賠償命令


http://www.yomiuri.co.jp/national/20151225-OYT1T50108.html?from=ytop_main5

一部では、次期ミラーレスで南鮮企業との提携が噂されてるニコン。

この2重3重の自滅パターンは、並大抵の能天気さとは言えず、3機種連続リコールが無関係とも思えない。

D600は良いカメラだと今も思う。

が、

その威信を自らグラつかせ、一部、問題ユーザーに迎合した挙句、普通のD600ユーザーを裏切り、切り捨てるに至った経緯は、開発以前の運営意識劣化を印象付けたし、

国の米国主義に翻弄される戦前企業の限界、三菱流の限界をも臭わせてる。



今回のことは、ニコンと南鮮企業提携が前提になっての事だったのかも知れない。

となると、米国主義の日本は、南鮮関係を断ち切るどころか進展させる任を追ってるわけだから、一時的に停滞しても、結局、今後に改めて、ニコンの南鮮身売りが起こり得る。

ま、現状でさえ、出てくるのは、せいぜい皮肉。

南鮮・ニコンの誕生で、日本光学が名実共に失われても、もはや大勢に影響は無し。

ただ、「不買運動に意味は無い」と言い張ってても、さすがに南鮮・ニコンのDf2は買えない。

メーカー修理さえ不快だ。

もしかしたら、「日本・ニコン」世代機が中古市場で高騰するかも?



2015年12月25日金曜日

転載) 慰安婦と呼ばれた南鮮風土病問題は日本の再・金銭援助で一時収束か?


「慰安婦問題、決着明記要求へ…受諾なら新基金」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151225-OYT1T50075.html?from=ytop_top



ゴロツキ南鮮のごり押しは、結局、勝利する。

醜悪は怠惰を駆逐する。



戦後日本が旧連合国から与えられた経済大国の看板は、戦犯・侵略国の汚名を着ることとの交換だった。

その維持のため、国家権利と責任の忌避が宿命付けられた日本の米国体制は、半島確保優先という米国の都合と、それを支持する大衆主義者らによって、自国の尊厳を、敬意を踏みにじり続ける。

だから、米国体制の下に、日本こそが半島へ制裁を適える日は決して来ないし、

経済至上主義に摩り替えられる米国隷属至上主義は、余りに些細ながら、浮かれただけの大衆主義者らに十分過ぎるデッチ上げられた民間友好の上に維持され続ける。



決着明記要求へ?

ヘタレ政体とゴロツキ種の「明記」に何の意味があるか。

日韓基本条約から満50年。

次の50年後、再発する南鮮風土病問題に驚く日本の愛国者はいねぇよ。


2015年12月24日木曜日

年末商戦皮切り? フジヤカメラがニコン機中古価格をチコっと下げた


http://www.fujiya-camera.jp/shopbrand/011/002/X/

D3Xは28万円を割った。

山積み在庫のD610だけは据え置きって感じの10万円台。

やっぱり山積み在庫のD7200は数千円下げて、チコっと嬉しい9万円台に。

D750は上がった?って感じで16万円台。

D800は微妙に下がった感じの14万円台。

D800Eは、やっと19万円割れ。

D810が一番下げた感じで23万円台に。

Dfも数千円下げたようだけど18万円台をキープ。



この年末の、もう一つの楽しみは、今年、低価格セットで市場価格よりも割高が目立ったためにパスしたニコダイ福袋・2016年版の発表。

今回、P900が安かったらなぁ…と。

今の価格コム最安が62600円。
http://kakaku.com/item/K0000749556/

これが6万円セットで出てきたらウズウズしそう。

発表時期は例年通りだと、28日頃。


2015年12月23日水曜日

米Googleがパスワード入力に代わる新ログイン方法テストを開始だってさ


http://jp.techcrunch.com/2015/12/23/20151222google-begins-testing-password-free-logins/

ユーザーはアカウント作成時に(スマホの)メアドを入力するだけ。

その後、ログインしようとするとgoogleから確認メールが届き、それにメール上で回答することでログインが適うというものだそう。

テストは、米国?の一部ユーザーに向けて行われてて、日本では、まだ確認されてないとか。



一度ログアウトしてしまったFaceBookや、一定のタイミングで課せられるSteamのパスワードを入れた上に、メール内容に応えなきゃならない2重承認は、全く厄介でウンザリさせられるんだけど、このgoogle式なら、楽ちんかな?

と、思いながら、ログイン時にメールが来る頻度が気になる。

ログインの度じゃ、厄介さは2重承認と大差なくなりそう。



ただ、おっちゃんはスマホのアドレスは入れない。

今もアカウントはウェブメール。

もうさ、

googleにはIPはもちろん、PC個々まで殆ど雁字搦め、牛耳られちゃっててさ、

アドセンスとかヤってるから余計なんだろうけど、

スマホくらい、「ほっといてくんない?」と思う。



でも、これ、テストで終わる可能性もあるよね。

数年前、googleのJPEGに代わる、より綺麗で、より軽い、新しい画像規格の「テスト」情報が出てて、期待に胸を膨らませてたのに、それっきり。

正に「規格」倒れ…? 


2015年12月22日火曜日

佐渡島は介護立圏に成り得ると思う


理由は、皮肉なんかでなく、実態に則さない、佐渡の誇大妄想行政が老害によると思われるくらい、島内で、より年配者が実権を握り続けてること。

老人は、決して地域のお荷物や、部外者でなく、主軸なのね。

否、

言い方を変えると、過疎を深刻な問題にした離島社会にとって、現状、最大のお荷物が老人の意識にあるわけだけども、それをひっくり返せば、老人にとって最良の地域に成り得る、ってこと。

ここにマイナス面があるとすれば、それは弱小地域が先天的に持つ排他質。

でも、それを介護が必要な人へ向けるほど、島民は無慈悲じゃない筈だし、親子、家族関係が破綻した社会でもない。

むしろ、それゆえの老人主軸社会だとも思う。

観光失敗が、地域性のビジネス化失敗にあったとするなら、ビジネスを超えた部分で発揮される地域性が有るんじゃない?



報道によると、東京は今、深刻なほどの介護難民が予想されてるそう。

当然、こうした問題は、他の都市部でも起こり得る。



欠陥施設と虐待、或いは、一方的退所。

介護保険が生んだ新ビジネスは、良からぬ方向へ突き進むばかり。

しかも、国の対応は、それに追いつけない。



その国が転がすばっかりになってる莫大な介護保険費のごく一部でも、過疎に苦しむ佐渡が吸収できるとなれば、国民的に見ても適正だし、歓迎されるべきことと思う。

吸収できたものを再び誇大妄想へ転用せずに済むなら、だけどさ。



これまで世界遺産化に使った血税、寄付金を歴代市長、議員から回収して、

佐渡汽船から、島民負担分50億円を回収して、

一大介護圏を目指しなよ。

安易に看板を挿げ替えて失敗の上塗りに専念せずに、大層でも事業基盤を作りなよ。

多くを優遇されてる過疎の離島が、上場企業に血税を垂れ流す余裕なんて、有っちゃならないんだから。



くれぐれも勘違いしにように。

離島の生命線は血税食いの汽船会社でなく、島民だってこと。

そのことを佐渡出身者組織でさえ、見失ってるように見えるのは、全く腹が腹立たしいゼ。


2015年12月21日月曜日

今年最後の愛国配送・甲斐路: 来年も仕事、あるんやろか…?


もっとも、去年の配送は、もっと早くに終わってたんだけどさ。

昔からお世話になってる知人に配送元のこと、「仕事くれんなった」って言いつけたら、

「お前が悪い」って、結構、マジに怒られた。

「お前、仕事もらえるだけ有難いと思わんと、いい歳して…」

──(゚Д゚; )→ グサッ!!



その前も、某風俗店マスターのことを「冷てぇ人だっちゃね!」って、その知人に言いつけたら、

「お前が悪い」って、やっぱり怒られてた。



ヘタレのおっちゃんは、今年もヘタレで終わる…

取り敢えず、今日は、往復路、車から降りずに済ますよう、頑張りまひょ♪



本日のお伴は、B.T. Express - DO IT。



GTA5のラジオで見つけた。

懐かしかったっちゃよ。