new-h


Eminem not here forever.

2015年8月8日土曜日

佐渡に塩を送る: 佐渡世界遺産化を叶える3つのガメチン提案


今の佐渡には中央を畳み掛ける腕力がない。
昔の調子で、アレを寄越せ、コレを寄越せと、相川・旧権力勢を真似、威張ってみたって、ダダを捏ねてるようにしか見えないから、尚更、無視され、相手にされない。
まして、
便乗するだけ、祭り気分の島を出た組織力、県を含めた外部勢力なんて、役に立たないって分かった筈。

相川再整備は、補助金、寄付金からの内部バラ撒き事業で、実は身銭を切ってないから、中央への説得力を生じない。
身銭を切らないから、永久に登録申請が可能と思い込み、佐渡に対する内外意識の疲弊に頓着できない。

景観が主体の自然遺産は単純だけど、そこへの解釈が主体になる文化遺産は複雑。
佐渡市は、それを自然遺産と混同してないか?
しかも、
その解釈は、欧州的、キリスト教的必要性もある。

で、
佐渡に欠け続けた、身銭を切っての中央との戦略的取引を以下で想定してみたっちゃ。


提案:

1、
子供から大人まで、島民6万人に県・市が当局へ送る推薦書を書かせる。

複雑な文化遺産には、より複雑さで立ち向かう。

外部因子は排除する。

もう大学教授に頼むの止めな。
アホくさい。
権威に縋るだけなんて、バカ丸出しだって、いい加減、気づけよ。

島民6万人の推薦書こそ、佐渡の独自性。
もともと、相川鉱山に独自性なんてないんだから、それに摩り替える。

それでも独自性が伝わってこない、なんて言ってきたら、佐渡人のど根性、見せたれ。
正に日本純正離島、佐渡島への侮辱。
離島差別だと、パンチする!

2、
支那トキを全国的、世界的に開放する。

特に米国へ施設、飼育ノウハウ共々、支那トキをプレゼント♪
もちろん、身銭切って。

安倍、ヨロコぶ。

何なら、おっちゃんのオリジナル英語で、ケネディ駐日大使に取り敢えずの挨拶、送ったるよ。

hi.
i am sado island Indian.
sina-toki present for american president by sado mayor.
ok?
mum...
ok?

どう?

3、
米軍施設を誘致する

自民党式に、最初は住民反発を回避するため、保養所ってことで。
でも、蓋を開けると、カジノがあったり。
このカジノは、条件付きで日本人OK。
もちろん、自民党議員は無条件OK。
個人的に、新潟県連だけは除きたいんだけどさ。

これによって安倍、更にヨロコぶ。

おまけに羽田直行可能な飛行場建設もチョチョイノチョイ♪

警察は、犯罪増で鍛えられ、女のコは用心して、より賢くなる。

佐渡ってさ、性犯罪、案外多いのよ。
ちょっとの間、
警察の協力者だった知人(故人)を手伝ったりしたんだけど、そこで知った3人が、3人ともレイプの前歴があってビックリ。
しかも、警察で、それを隠すんだよね。
バレないわけないのにさ…

以上。


もっとも、
たとえ、上の提案が全滅し、その上で佐渡の世界遺産化が叶ったとしても、3年後、4年後には、間違いなく、元の木阿弥。
その主因として、20年前と同じように3流サービスが叩かれ、今度は、世界に大恥を晒すと、おっちゃんは、確信してるけどね。

それよりも、今の年間観光客数50万人台が佐渡観光レベルの適正数として、
サービス批判の集中時代を生き残り、独自努力で、この50万人、60万人体制を支えてる現・観光事業者を守るため、
欲にかられただけの外部が口を閉ざすこと。
殊更、外部を黙らせるために口を挟む市政の協力が重要と思う。

市長、
世界遺産化なんかに現を抜かす暇があったら、沢根の釣り筏、中止を撤回させろ。


2015年8月7日金曜日

転載) 安倍法制のガス抜き第二弾は、なんと元総理の侵略戦争容認


「そこまでヤる?

しかも、それを主導したのは、読売。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150806-OYT1T50099.html?from=yartcl_blist

安倍・読売の鼻糞目糞コンビは、米国の最も忠実な糞として、手錠、足枷、首輪に加え、猿ぐつわを授与されるべきだよ、あほんだら。


何が「(今日の反映は)尊い犠牲に応えようとした日本人の良心と責任が成し得た結果」か?
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150806-OYT1T50125.html?from=yartcl_blist

見え透いた弁チャラは、今時、人情喜劇にも、今更、選挙運動にもならねぇよ。


そもそも、
侵略者に尊い犠牲はない。
だから、欧米植民地主義は犠牲を省みないし、そこに謝罪がない。

欧米支配主義の根拠は、前時代よりの、その植民地主義によって明らか。
そのアジア包囲網も、インド支配、支那侵攻等によって明らか。
そこでの、日本の尋常でない一層の危機感も明らか。

この時、
第一次大戦による日本世界貢献後、むしろ欧米からの差別に翻弄された、アジアで日本一国が、その覇権主義に便乗し、帝国支配体系拡大を狙うことの何処に成功を見て取れる道理が備わるのか?

もし、そこに道理があるとすれば、戦略的国防戦線の拡張のみ。

そして、そこでの両者の立ち位置は、飽くまで、侵略側と、防衛側のみ。


まして、
戦後70年、日本人の更なる戦いは、100対1、或は200対1の侵略国という汚名との戦い。
それを乗り切らんと、
国体正義のため、皇室、臣民が先頭に立って歯を食いしばってる最中に、たかが米国依存の腰抜け法制が担ぎだした、中曽根康弘元総理の侵略国容認論。
御年、97歳。

そこで、
一人だけ、まるでサッサとケツを割ったように、
多勢へ乗り換えさせ、
偽善者を装わせ、
自らの政道の良心と責任を、皇国への侵略者呼ばわりに転嫁したように振る舞まわせる、

卑怯者、安倍自民と読売。

極悪結社、安倍と読売。

神社本庁が見ない振りでも、高天原の神様たちは、見てらっしゃるぜ。


元総理も哀れだな。

後輩がコレだもんな。

まさか、これが富岡製糸場・世界遺産化の代償ってこともなかろうが…」



でも、

実は、これがホントに富岡製糸場・世界遺産化の代償だった、、としたら、

佐渡市には、むっさんこ良いヒントになるよね。

島全体で、「安倍法制」支持を全国的に影響させれば良い(かも?)ってことで。

取り敢えず、「佐渡島安倍法制支援6万人決起大会」してみたら?

( ̄▼ ̄;)


日本海を守ろう壁紙 / 佐渡の釣り場50選・(06)稲鯨漁港


(出直し版)

奥の本堤(ガメチン称・軍艦堤 / 眺めてると砲門を並べて似非保守を撃破したくなる。)には上がり口に立ち入り禁止柵がある。

手前、防波堤上の黒いシミはイカのスミ。
アオリイカのもの。
佐渡の釣りシーズンは10月前後。

イカ丼の作り方:
ラーメンどんぶりにタップリの飯。
その上にタップリのイカ刺。
その上にタップリのおろし生姜。
その上にタップリの醤油。
以上。



壁紙をダウンロードするには、下から利用したいサイズをクリックし、表示された画像上で右クリック。
「名前を付けて画像を保存」をクリック下さい。
画像ファイルは、ガメチン.comのレンタルサーバーから送信されます。

見本:



ダウンロード:

3840x2160 / 1.17MB / 28-31.5インチ(Ultra HD)モニターサイズ

2560x1600 / 699KB / 30インチモニターサイズ

1920x1200 / 396KB / 24-25.5インチモニターサイズ

1920x1080 / 378KB / 23インチ / 15-17インチ(HD)ラップトップモニターサイズ

1680x1050 / 313KB / 20インチ相当モニターサイズ

1366x768 / 197KB / 15.6インチラップトップ相当モニターサイズ


2015年8月5日水曜日

東京五輪エンブレム: 盗作でない、というなら、それを信じるが…


ベルギーの劇場ロゴに加え、バルセロナの東日本大震災支援ロゴとの合体、盗作疑惑が噴出する中、
全く似てるものを、「全く似ていない」と弁明するのは、事態を悪化させるのみ。

盗作でない、というなら、それを信じる。

が、
創作家としての命、作品の個性、独自性が崩壊した今、その現実を受け入れ、エンブレムの五輪使用を辞退すべき。

それが筋だ。



自民が鼻で笑った石原先生の次期、東京五輪の夢。
自民の手に渡り、「おもてなし」だか何だか知らんが、不届き政治家の姿が見え隠れしだしてから、不幸の連鎖が始まった。

それらが関係する限り、ガメチンは、先生を見て、五輪を見ない。

ただ、
同様に、実現された先生のもう一つの夢、尖閣公的所有の固定化。
日本国唯一、国家主義を提唱する政治家が描いた世界戦略を、米国依存の似非保守集団、安倍自民が、受け止め続けられるのか?
五輪準備段階を見てるだけで、甚だ疑わしくなってきた。


佐渡世界遺産化: 連続落選で風評被害はお構いなしなの??????


ピーク時、120万に達した年間観光客数は、10年後に50万人台へ。

その間、
市や、嘗ての町、村議会から聞こえてきたのは、行政主導の観光化が生んだ3流サービスの失敗に摩り替えられる「風評被害」ばっかり。

特に、新潟本土が度々見舞われた震災への八つ当たりのような「風評被害」節は、全く無神経で不快だった。

その佐渡市は、来年、2018年の世界遺産登録申請枠獲得へ揺るぎがないことを、各方面と確認し合ったよう。

それが実に4度目となる。



ある男女の会話:

男「今夜、泊まってけよ」
女「ヤダよ」
男「どうして? 減るもんじゃなし(笑)」
女「気持ちが減るんだよ!

おっちゃん「(´;д;`)ウッ…」


2015年8月4日火曜日

転載) 自民衆議員・武藤貴也よ、その気概で、共に竹島へ乗り込もうゼ!


読売によれば、武藤は、
「安全保障関連法案に反対する学生団体について、「『戦争に行きたくない』という自分中心、極端な利己的考えに基づく」と非難していた」そう。
また、
「「利己的個人主義がここまで蔓延まんえんしたのは戦後教育のせいだろう」」と書き込んだ。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150804-OYT1T50018.html?from=ytop_ylist


『戦争に行きたくない』とは、反戦決意。
奪われた国領を奪還するために特攻する国士の決意と、高潔さでは、世界の対極にあって、二分されるもの。

まして、先の大戦で300万有余人の同胞を虐殺された日本人にとって、皇国国家存亡を思う時、もう1つの選択肢としての重さは、更に増す。

思い通りに動かない相手を一方的に「利己的」と断罪するとは、ガキの癇癪レベルで、そこら辺のオタ公レベル。
幼稚の極み。
己も愚民政策に墜ちたと悟り、さっさと保育園から出直せ。

しかも、
「戦後教育」は、米国指針による国民教育。
当の「安保安倍法制」は、米国依存の日本指針。

その「せい」にするには、矛盾の度がすぎるし、
指針が正しければ、全ての学生は、立派に、確固たる米国依存に爆進する安倍2世という、反民族的ゾンビに育った筈。

が、そこで聞こえたきたのは、わだつみの声。

米国洗脳、愚民政策真っただ中の地、日本で、知性は生き残った。

学生諸君の反戦は、米国指針の国民教育、米国依存の日本指針を「不正だ」と叩きつけた。


この高潔さにこそ、堂々、気概をもって応えろ、武藤。

それには、その唯一無比の対極、
国士へ自ら赴くほか無し。

準備が整ったら、コメントをくれ。





ところで、

もう一人の若き安保んたん、山本太郎。

反安倍法制は勝手にヤってろ。

が、
それに安倍自民の米国主義を持ち出すのは、日本倫理のパクリ。

迷惑千万。

他でヤれ。


2015年8月3日月曜日

愛国配送・甲斐路: 山々の清風に吹かれて愚民政策を考えてくるっちゃ


新国立競技場2500億円撤回は、読売調査で80%以上の支持を得たというから、「安倍法制」へのガス抜き効果は、てき面だったわけ。

が、これこそ、愚民政策。

米国資本主義の一翼を担い、排知性目的のためのキリスト教盲信へ誘導した、国民統制、反知性主義の方法論は、
手放しの米国主義迎合へ邁進する安倍自民の真骨頂でもある。

(ピンと来たでしょ?

そう、
その1つは、安倍が躍起になってる、元はキリスト教施設の保護運動と言われた世界遺産化。

世界遺産への無垢で拙い迎合は、強権と裏腹にある、もう一つの能動的国民総排知性行為なんだよ。)


最近、流行語のような「反知性主義」。
無知な出たがりを洗脳し、それに扇動させ、そこから国家国民の統制へ結びつける、というもの。

ヒットラーの当初も、共産党広報員たる、その一人に過ぎなかった。

だから、これは、サヨクというより、リベラルの方便かもね。


でも、
奪われた国領をそっちのけで、その共犯、米国親交を最優先する安保法制、安倍法制への支援デモで気勢を上げた保守を名乗る若者たちの意識矛盾を、
それ以外の理屈で、どう説明できるか?

ネットで、「安保法制によって70年前の日本人の気概を示そう!」とブチ上げた者へ、
その気概こそは、小国日本が命を賭けた、反米決意以外の何物でもなかった現実を、この理屈以外の何をもって思い知らせられるか?


本来、
国家国民が優先されるべき国政で、米国の都合が最優先される国、日本。
所詮、小選挙区の利権屋でしかない国会議員。
そこに台頭してきたのは、無知な出たがり、安倍の子供たちという、矛盾と空騒ぎに塗れた得体のしれない「ゾンビ」だ。

このゾンビらが、先のデモのように、
いつか、より積極的に自らの実態を正当化し出した時、
連合赤軍、オウム真理教に次ぐ、皇国の反乱分子にならないことを願うばかり。

まして、安倍が、米国ゾンビの一人だったなら、尚更だ。