new-h


Eminem not here forever.

2018年9月5日水曜日

ETS2: GTX 1080 & 11520 x 2160 トリプルサラウンドの設定とベンチ


やっとこ4Kモニター3台を並べ、トリプルヘッドを復活させた。

1台は、昔、25.5インチ・トリプルサラウンドを脱するために買ったフィリップス40インチ、2台は最近買ったエイサーの43インチ。

テーブル長は120センチが2つでベッタシ。





トリプルヘッドは「時代遅れ」と思ってVRに飛びついてみたけも、その画質は残念ながら時期尚早レベル。
前にも書いた通り、中景から遠景は、モアレ、フレア、ギラギラ、ガタガタで目に痛く、殆ど破綻してるように見えた。

で、より広い前景をスッキリ眺めるならトリプルサラウンドと、考え直しての夏。



昔のトリプルサラウンド画面は、左右バックミラーの間をベッタリ映り込ませただけだった。
それが今、ドキュ/ETS2のユーザーフォルダにある「config.cfg」内の一連コード、uset r_multimon_xxxx(マルチモニター環境で表示される)の設定値を変更させるだけで、上の画像のように、いくらか立体的な映り込ませ方ができりようになってる。

画像のトラックはSuperGreatV(Beta 1.2)。
おっちゃんの場合、その設定値(""内)変更箇所は2カ所。
uset r_multimon_fov_horizontal "65"
uset r_multimon_mode "2"

上は標準視点を前後に水平移動させる値で、標準値は"50"。
下の"2"は昔(標準?)のベッタリ映り込みモード。



そして、GTX 1080 & 11520 x 21600 のゲームベンチ:
グラフィック設定はレンダリングスケールのみが125%で、他の全てが最高。
フルスクリーンと垂直同期がオン。

Frames, Time (ms), Min, Max, Avg
  1850,     60000,  28,  34, 平均30.833fps

これは一番低くかったデータ。
山間部では平均33。
promodsを入れると、30fps割るだろうね。
Frapsで録画すると15fpsを割るだろうから、録画は無理だっちゃね。

RTX 2080 で50以上は出て欲しいけも、さて… ?