new-h


Eminem not here forever.

2019年3月21日木曜日

思い出深いGoogle+ が4月2日でサービス終了だってさ


Google+ってなに?
って人も少なからず居そう。

脱税・セクハラチャンピオン、GoogleがFacebookに対抗して始めたSNS。

時期は忘れた。

おっちゃんもアカを持ってて、自作Remixの視聴数はFacebookよりも良かったし、何といっても愛国ネタの閲覧数は、おっちゃんとして群を抜いてた。

当初は順調だったGoogle+との関わりに突然、嵐が吹き荒れたのが2015年9月。

おっちゃんの愛国チラシを切り刻みやがった。





ほぼ一か月に渡って抗議を続け、まるで引き籠りのように相手の無反応が続いたものの、10月には切り刻まれた画像が復元されてた。

でも、もう、投稿テンションは下がり捲り。

アクセスが底をついた頃を見計らって解約した。



米国人のファン意識って1強に偏るっぽい。

多彩な民族性から共通項を探り出そうとするところで、むしろ競争を避けてしまうような?

少なくともITにおいては。

張ったり屋トランプお抱えのTwitterは、日本でモってる、って話が、もう定番なほど、SNSじゃFBの一人勝ちらしい。
インスタだってFBじゃん。

それにiPhone。
この辺は日本人も負けてない。
でも、これにはしょうがないところもあるよね。
日本人投稿者が、iPhoneに夢中の日本人を笑いながら自分の「Huawei」を自慢してたけも、彼はデータを覗いてる支那人に笑われてるかもしれない点に注意を払った方が良さそげだっちゃ。

そしてWindows。



作っちゃ潰してるサービス数のトップは、かつて米YAHOOで、今はGoogle?って感じ。

辛うじて?維持されてるBloggerもYouTubeもGoogleが買収したモノで、オリジナルじゃない。

開発力のないGoogleが次に切り捨てるのは、Bloggerけ?

NTTが買収しないかな?




2019年3月18日月曜日

年商数億円の糞ガキYouTuberへ、オレのサムネには掲載料払いな


と、
おっちゃんがどんだけ血圧上げて声を涸らしても、世界ヅラして脱税とセクハラに現を抜かす白人的偽善企業、Google配下にあるYouTubeが日本のハンピラ一匹を相手にする筈はないから、糞ガキどもは痛くも痒くもない。

が、
それにしたってYouTubeサムネの質が悪すぎる。

見たくも聞きたくもないモノをドカドカ並べてきやがる。

昔は「あなたへのおすすめ」を回避する設定で事足りてたが、今はキリがない。

ログインした状態でサムネにカーソルを当てると右にポッチが現れ、そこから「興味なし」をクリックすれば一応削除できるけんども、ここでのシステム学習能力はAI自走ホワン君顔負けのいい加減さで、
2Pacに擦り寄る政治屋エミネムや、関西ゴロツキ芸人をどんだけ消したって次々出て来やがる。



ただのいっぺんも観たことないゴルフ番組さえ出て来やがる。

どんだけフィードバックで荒くれたって引き籠り社員には効果なし。

全くイラつく。



安倍支持者のアイドル、大人を、弱者を蹴飛ばしさえする糞ガキYouTuber(サムドル?)モノは「興味なし」から「理由」を経て「動画」「チャンネル」にチェックを入れると、一部が出難くなるが、長続きしない。

とにかく、YouTubeは何でもかんでも、あるのかないのか分らんちんなアルゴリズムを匂わせながらガムシャラに見せにかかる。

ログインしてる以上、閲覧ページはオレのものだ。

そこのサムネは、おっちゃんに許可をとるべきで、だからYouTubeも削除機能を有してるワケだし、その機能が不十分であるなら、YouTubeは、そこでのユーザーの要求に応えるべきだ。



糞ガキYouTuberはタカリ屋だ。

それを作ったのはYouTubeシステム。

だから今度は、こっちがタカリ屋どもにタカってやる。

それがYouTube式だろ?

YouTubeで一定額以上の年商を上げてるYouTuberは、全非収益YouTubeユーザーへのサムネ掲載に対し、年商の5割を等分にして支払え。

これを、サムドル税という。