new-h


Eminem not here forever.

2015年5月23日土曜日

フジヤカメラのウェブページ体裁が、ほぼ、元に戻った…


http://www.fujiya-camera.jp/shopbrand/011/002/X/

最近、日替わり?

ってくらいに激動してる中野・フジヤカメラのウェブページ体裁。

超絶ビッグな「カートに入れる」ボタンが現れたり、

ヨコに3つ並んだり。

正直、見にくくて困った。


それが今、覗いたら、

ほぼ昔の縮小サイズで、一商品・縦並びに戻ってた。


そこでお願い。

もう、

変えないでね~~


もう1つ、

我儘言わせてもらうなら、

レンズの並べ方、何とかなんない?

DXを別枠にして、キッチリ、焦点順にするとか。

ページ進めるの憂鬱になるくらい見にくい…


来年4月に「大阪総合区」って、また辞職・出直し選の橋下茶番?


投票率5%で、その後に住民投票?

子供市政の永久ループ?

そりゃ、さすがの大阪のオバチャンらもキレるわ…


アベノ餅つき読売新聞 -
「都構想代案「総合区」検討…橋下氏が方針転換
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150519-OYT1T50012.html?from=yartcl_outbrain2
2015年05月19日 09時07分」


最初っから、そうしときゃ、
反都構想に回った一部は、放置放任。

投票率は下がり、橋下の目は、むしろ出たのかも…


が、
どう取り繕うと、時、既に遅し。


見てみろ、世間を。

知ったかぶったオタ公どもが、ニュース・情報を掲げたゴロツキ事業者どもが、高齢層を嘲り、挙って都構想反対票に向けた罵声を繰り返してやがる。

民主国家の有権者たる責任を全うした、大阪府民、高齢層にとって、これほどの不名誉があるか?

少なくとも、石原慎太郎先生の支持者は、その結果を受け入れた。

尖閣の国政移譲も、一部が右往左往しただけで、大勢の支持は不変だった。

それが民度であって国威であって、体制を重んじる臣民たる尊厳だからだ。

それが、なんと惨めな現状か?


その原因は、大衆主義に溺れた、堺屋のトンチンカンな地域主義と、あんたの思い上がった「都」模倣構想だよ。

オタ公を、ゴロツキ事業者を、あんたが寄せ集めた結果だよ。

その挙句、
代案を持ち出し、テメーの名誉だけは回復しようなんざ、虫がよすぎる!


今のあんたに出来るのは、

大阪府民への、これ以上の侮辱を許さず、清く、失政の責任をとり、とっとと引退し、
弁護士を気取りながら、
読売TVのタレントとしてオチャラケながら、
現状が咲かす大阪府の栄華によって、大阪府民の名誉が回復されることを見守るのみ。

この挨拶が最後になることを強く望む。

さよなら、橋下徹大阪市長。


オタの殿堂、Nikon 14-24mm F2.8Gはホントに凄いのか?


間もなく夜明けながら、

おばんです。


「贔屓の引き倒し」って言葉がある。

称賛がエゴに塗れ、逆に辱めたり、周りを引かしたりしてしまう。

英国王女の名を、お祝いと称して猿に授けた大分市長の遣り口は、その典型。

そして、価格某のハイアマチュアな大先生方もご多聞に漏れない。


普通のNikonユーザーが超広角レンズについて書くと、
たとえ予算的に14-24mm F2.8Gは除くと断っていても、
必ず、
「結局、そこに行き着くんだから、ソレを買っちゃいな」と、無神経に知ったかぶった輩が現れる。

更に、
14mm F2.8Dと比較すれば、中古でも、現状、7万円前後の差がつく14-24mmに、「ソレ以外の選択肢は有り得ない」などと「オレ様」が口を出してくる。

この14-24mm F2.8G至上主義って何なの?


そりゃ、20万円を超えるものもあるレンズが、決して悪い筈はないけど、
それを価格以上に至高扱いして、押し付けて、寄って集って同化しようとする意識って何なの?

その意味不明な意識の横並びがウザ過ぎて、
むしろ、14-24mm F2.8Gを、一般アマチュアカメラマンから遠ざけてるかも知れないって、「贔屓の引き倒し」になってるかも知れないって思いが、どうして生じないの?


んじゃ、
何処へ行っても、誰に聞いても、殆ど満点評価のNikon 14-24mm F2.8Gはホントに凄いのか?
どこまで凄いのか?

一つの例として、14mm F2.8Dと比較した画像があったので、
パクリ・オタのおっちゃんは、
ちょっち、一部分を失敬して、より分かり易くしたつもりの画像も加え、紹介するっちゃね。

画像を掲載したウェブページが以下。
http://www.stillmation.photography/battle-of-the-bulge-nikon-14mm-vs-14-24mm/

ページの下部には、そのフルサイズ画像2枚を纏めたzipフォルダをDLできるリンクがある。
サイズは24.4MBで、ちょっち重い。

ウェブページで、以下の文書末「here」をクリック。
「For those insistent on having a peep themselves, the 2 original files in JPG can be downloaded here.」


さて、
某プロは、14mm F2.8Dについて、
「中心部の解像力は高いが、周辺は基準にさえ達してない」と、なかなかの酷評ぶり。

下の、パクリ画像は、その中心部でなく、画像下部・中央付近のもの。



解像力の差は一目瞭然。
14-24mm F2.8Gより、14mm F2.8Dの方が俄然高い。

上下左右の中心部に向かうに従い、14-24mm F2.8Gの解像力が上がる。

フルサイズ画像を見比べれば分かる通り、
プロが14mm F2.8Dを評した中心部は、この場合、両レンズで殆ど差がない。


その目を右端に移して行くと、14mm F2.8Dはどんどん劣化していく。

逆に、左へ移して行くと、劣化は見られるものの、右端ほどじゃなさそう。

画像中心部の上面に、作例は、「物」がないため、万全でないながら、これらの事を、画像下部・中央付近と、ど素人が考え合わせると、

14-24mm F2.8Gより、14mm F2.8Dは、近景の解像力に勝る、ってことになるように思う。


また、
ダイナミックレンジ、周辺光量は、14-24mm F2.8Gが上。

色収差は、差が感じられないものの、輝度が高い分、14-24mm F2.8Gの方が目立ち難くなってるんじゃないかな?


てなわけで、
おっちゃんが買うなら、カリカリ14mm F2.8Dやね。

MFなら15mm F3.5S。

周辺光量はカメラ機能で対処できるし、ハイアマチュアな大先生方が奉る14-24mm F2.8Gの、言われるほどの秀逸さは、ここでは見られなかった。


ニコンも悪いよな。

D800Eの推奨レンズ群なんて公開してさ。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120326_521563.html

読売の洗脳レベルだわ。

もっとも、
普通のアマチュアカメラマンなら、
これが20万円台のレンズを一般に売るための広告だって、気付くんだろうけど…


2015年5月20日水曜日

Привет, президент Путин / こんにちは、プーチン大統領


Япония, никогда не опустился до милитаризма.

Сражались с Западом, в консерватизме, это не милитаризм.

Искренняя консерватизм Японии будет процветания в России.

Тем не менее,

Премьер-министр Абэ, не консервативны.


-----------------------

日本は、軍国主義に沈んだことはない。

西洋と戦ったのは、保守主義であって、軍国主義じゃない。

日本の真摯な保守主義だけは、ロシアを繁栄させるだろう。

だが、

安倍総理は、保守主義者じゃない。




大阪都否決で混乱の似非保守: 年代問題へのすり替えで収束謀る


「大阪都構想に否決票を投じた原動力は、貧しく老い先短い70代以上。
若い世代がかわいそう。」
などと、
読売テレビ・キャスターの辛坊治郎が番組で声を上げた。
http://news.livedoor.com/article/detail/10126081/

この発言根拠は、投票時の出口調査。

が、
某社の出口調査によれば、大阪都は可決だったよな…


大阪都構想への安倍自民、読売の支持は失策。

それを正当化し、悪玉を捏造するため、
読売が、高齢者差別爆弾を辛坊に放り投げさせたわけだ。


この動きに、メディア傘下のゴロツキ芸人を含めたTVタレントたちが一斉に同調発言を繰り返した。

大した民主主義だよ、ったく。

この程度の社会意識で、よくまぁ、都構想だの、住民投票だのと、大事に関われるもんだ。

つまり、

政界の、メディアの、この程度の意識から、大阪府を70歳代の有権者らが救ったってことだね。

真正保守の意味が、少なからず、見やすくなったと思う。

若い世代、「これからの世代」は、似非に、気取りに、騙りに、TVに、惑わされるなよ。


2015年5月19日火曜日

海外ゲームMODのDLで踏んでしまったかも知れないアドウェアを葬る


アドウェアの一部は、ポップアップ広告タイプのマルウェアとして、ブラウザを支配し、通常の、どんなサイトにも、特定の広告を割り込ませ、正規のリンクを無効にして広告ページに誘導し、サイト内のインラインフレームを乗っ取ったりしながら、ユーザーの情報を密かに集め、外部へ流すと言われてる。

ETS2.LTで、MODをDLするため、DLリンクをクリックし、広告ページへ飛ばされた経験を持つ人は多い筈。



アドウェアがPCに仕組まれると、
どのサイトでも同様の事態が引き起こされる。


ガメチンが踏んでしまったのは、SaveNewaAppz。

ブラウザが表示するウェブページに割り込んだ広告には、Ads by SaveNewaAppzと出ていた。

自前のセキュリティ関連ソフトでは対応できず。


「SaveNewaAppz 削除」と検索すると、微妙に怪しい日本語ページがひけるだけ。

英語ページは、
http://malwaretips.com/blogs/ads-by-savenewaappz-removal/
Google翻訳でほぼ理解できる。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://malwaretips.com/blogs/ads-by-savenewaappz-removal/&prev=search


アドウェアを葬るための手順:


先ずは、コントロールパネルの「プログラムと機能」から、「SaveNewaAppz」をアンインストール。

ガメチンの場合、該当名はなく、2日前にインストールされた覚えのないプログラムが4つほどあったので、それをアンインストール。

(Internet Explorer、Firefox、Google Chrome向け)
AdwCleaner(フリー版・日本語対応)のインストールと実行。
http://www.japan-secure.com/entry/adwcleaner.html (日本語解説)

スキャン時間は短い。
1つ、問題個所が見つかり、「削除」するが、「SaveNewaAppz」は、生き残った…


Malwarebytes Anti-Malware Free(フリー版・日本語対応)のインストールと実行。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/malwarebytes-anti-malware.htm (日本語解説)

スキャン時間は結構長い。
4つの問題個所が見つかり、「remove」で、「SaveNewaAppz」を葬った。


未実行なので割愛。


1つの簡易な解決策として、「ブラウザ初期化」がある。

Firefox -
上段右端のメニュー(三本線)をクリック→
下、クエスチョンマークをクリック→
上段右の「Firefoxをリフレッシュ」ボタンをクリック。

Google Chrome -
上段右端のメニュー(三本線)をクリック→
「設定」をクリック→
左目次の「拡張機能」をクリック→
「SaveNewaAppz」、または覚えのない拡張をゴミ箱アイコンから削除する。

ただし、
この方法で解決できても、それはブラウザがアドウェアの表示的影響を一時的にブロックしてるにすぎず、
PCに巣食った問題は解決されてないから、直ぐに再発したり、他で悪さをする可能性があるっちゃね。


2015年5月18日月曜日

愛国配送・甲斐路: 橋下市長最大の過ちは「都」を持ち出したことだ


否決会見で「説明不足だった」と言った橋下徹大阪市長。

が、
鞍替えが原則の政治システムにあって、
5年間で説明できなかったものは、向こう10年あっても説明できない。

そして、
説明すべき、確固たる道理が、そこに備わってるなら、5年は不要だ。


「都」とは、

国体権威に示される「不可侵」の表号。

己が見下した、真正保守によって、自民共々、蹴り落とされたと知れ。



天気は薄曇りながら、

久しぶりに晴々した気分で甲斐路を駈けられそう。

もっとも、国会の世界遺産馬鹿のお蔭で「富士山」の名も出し難くなった。

次の住民投票が世界遺産撤回なら、一層、納税にも力が入るんだけどさ。


不倒愛国。


2015年5月17日日曜日

転載) 「都」は行政区に非ず: 大阪府民の英断は永久の栄華を灯す!


「「大阪都構想」否決 橋下氏引退の意向、維新に大打撃」2015/05/17 22:47 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015051701001757.html



似非保守・自民と、読売の計略にも関わらず、国体は保たれた。

日本万歳。

大阪府民万歳。