new-h


Eminem not here forever.

2018年1月13日土曜日

windows 8.1 の主流サポートは終了して延長サポートは2023まで続くっちゃ


http://www.guru3d.com/news-story/microsoft-ends-mainstream-support-for-the-somewhat-failed-windows-8-1.html

失敗だったとアチコチで言われ続けるwindows 8.1は、この1月9日、機能拡張等を含む主流サポートが終了し、セキュリティ関連のみが更新される延長サポート期間に入ったと。

この期間は5年間で2023年1月10日まで。

散々延長を繰り返したWindowsもあったけど、評判からすると、これの再延長はないかも知れんね。

ちなみに、
2015年に主流サポートが終了した、今なお売れ続けてるWindows 7の延長サポート期間は2020年1月までの予定。

2020年10月まで主流サポートが行われるWindows 10の延長サポートは2025年10月までの予定。




2018年1月12日金曜日

DELL は65W Radeon RX Vega M GL 搭載のXPS 15 2-in-1 ラップトップを発表~


https://www.dvhardware.net/article68052.html

ボディの厚さは16mm、重さは1.97kg。
15.6インチスクリーンは、フルHDから4Kまで選択可能。
メモリは、DDR4-2400が8GBから最大32GBまで搭載可能。

CPUは、Core i5-8305G(6MB cache, 3.8GHz)、Core i7-8705G(8MB cache, 4.1GHz)から選べ、こられらは、4GB HBM2メモリを備えたRadeon RX Vega GPUと組にされ、Vega M GLを構成すると。

 このモデルのIntelグラフィックスを用いた標準価格は1,299ドル(14万4,462円)で、Radeon RX Vegaを選んだ場合の価格は不明。

発売は今春予定だと。







2018年1月11日木曜日

CPU 欠陥問題続報: MSI はZ370 マザーボードの対策BIOS アップデートを公開~


https://www.techpowerup.com/240503/msi-releases-motherboard-bios-updates-addressing-recent-cpu-vulnerabilities

Intelが主導するパートナーとのソフト、ファームウェア・アップデートの連携に関する詳細。
https://newsroom.intel.com/news-releases/intel-issues-updates-protect-systems-security-exploits/ (英語)

MSIは、今後、X299シリーズ、200シリーズ、100シリーズ、X99シリーズのBIOSアップデートを予定。

対策されたZ370シリーズ:





2018年1月10日水曜日

HTC はVR ヘッドセット、VIVE Pro を発表~


https://www.techpowerup.com/240468/htc-announces-the-vive-pro-vr-headset

解像度は1080 x 1200から1440 x 1600へ。
90Hz LCDは90HzリフレッシュレートのAMOLEDへ。
ワイヤレスアダプタソリューションを提供。

発売時期は、今年後半。
価格は未発表。








CPU欠陥問題続報: Intelの楽観をMicrosoftが警告~


https://www.dvhardware.net/article68029.html

Microsoftは、データセンター等、サーバーに、より大きな影響が出るという今のCPU欠陥問題の深刻さについて、Intel以上に警戒感を持ってることを明らかにしたそう。

実際、その影響が一定範囲に留まってるサーバーが多々ありながら、Microsoftは、企業向けサーバーの、ある種の作業が、特に大きな影響を受けてる可能性を指摘し、
今後、様々なテストを行い、問題を見つけた箇所から随時、アップデートしていくと。

また、
2016年以前のWindows 10搭載PCは、多少の影響を受けてる筈で、2015年以前のWindows 7 / 8搭載PCは、更に大きな影響を受けてる可能性があるとも。




2018年1月9日火曜日

NVIDIAドライバ更新: GeForce 390.65 WHQL 公開~


http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

更新内容:

Game Ready --
・Fortniteの最適化と、Battle Royale modeのShadowPlay Highlightsサポート
・GeForce ExperienceによるNVIDIA Freestyle(ゲームの色、明度の変更)機能の追加
対応ゲームは以下。
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/geforce-experience/freestyle-games/

追加情報:
http://us.download.nvidia.com/Windows/390.65/390.65-win10-win8-win7-desktop-release-notes.pdf

サポートAPI --
 Open Computing Language (OpenCLTM software) 1.2 for NVIDIA® KeplerTM and later
GPUs
 OpenGL® 4.6
 Vulkan® 1.0
 DirectX 11
 DirectX 12 (Windows 10)

新機能 --
 eGPU
eGPU(外付けGPU)接続時の表示機能

Application SLI Profiles --
• DIRT 4
• Total War: WARHAMMER II
• X-Morph: Defense

Software Module Versions --
• nView - 148.92
• HD Audio Driver - 1.3.36.6
• NVIDIA PhysX System Software - 9.17.0524
• GeForce Experience - 3.11.0.73
• CUDA - 9.1



Driver 390.65 FAQ/Discussion Thread:
https://www.reddit.com/r/nvidia/comments/7oylg2/driver_39065_faqdiscussion_thread/



人柱風:






2018年1月8日月曜日

Intel 製ベンチによればVega M GL はGTX 1050 より、M GH は1060 より速いっちゃ


https://www.dvhardware.net/article67997.html

Appleの要請で製造されたってウワサのAMD Radeon RX Vegaチップ搭載のKaby Lake-Gプロセッサ。

8th Gen Intel Core + Radeon RX Vega M GLのTDPは65W、
8th Gen Intel Core + Radeon RX Vega M GHのTDPは100W、
4GB HBM2メモリを備え、
また、videocardzによれば、
6 ディスプレイ、
最大4K表示、
Display Port 1.4 w/ HDR、HDMI 2.0b with HDR10サポート、
等、非公式仕様も見受けられる。

記事によれば他ベンダーへの販売も可能なようだけんども、
最近話題になってるCPU欠陥を抱えたままなのか、どうかの情報より、ソースは、そこへの目くらましのようなベンチマークを流した。

それが、I7-8550U w/ Nvidia GTX1050システム、I7-7700HQ w/ GTX1060システムと、Vega M GL、Vega M GHを比較したモノ。

ただし、差は比率で表されただけで、それぞれのベンチスコアは無し。




https://videocardz.com/74631/intel-launches-8th-gen-core-processor-with-radeon-rx-vega-graphics




2018年1月7日日曜日

CPU 欠陥続報: ニュース直後にIntel CEO は持ち株を売却してたってさ


https://www.dvhardware.net/article67992.html

この記事タイトルは、IntelがCoffee Lakeプロセッサの欠陥問題を知りながら、それを発売したことへの疑問に繋がってるのね。

Skylake、Kaby Lakeと、Coffee Lakeのアーキテクチャは関連してて、この3つの世代の経過は、Intelが、その問題を知るのに十分だったと。

そして、このことは、予想される米国名物、ユーザー集団訴訟に対し、不利な状況を作りかねないと。

更に、記事は、Skylakeを含めた、それ以前の欠陥に対して、OSのアップデートだけでは済まず、CPUマイクロコードのアップデートが必要になる可能性に触れてる。



また、AMDのセキュリティ部門は、一連のCPU欠陥問題に関連し、同社プロセッサで構成されるPlatform Security Processor(PSP)のfTMPに脆弱性を見つけたと発表したそう。
https://www.dvhardware.net/article67995.html

この欠陥を攻撃するには、マザーボードを直接イジらなきゃならないため、一般ユーザーのリスクは限られながら、
AMDは、今月末の公開を目途にアップデートに取り組んでると。