new-h


Eminem not here forever.

2019年12月5日木曜日

転載)嘗ての師は今や労働組合員・「仰げば尊し」が歌われなくなって当然だよな


戦前、戦中、多くの教員は師と崇められた。

戦前は国体の後継者へ、戦中は鬼畜米英相手に負けない、力強い子供らを育むための教育に知力を注ぎ込む師だった。

そうした背景に彩られ、仰げば尊しは、1884年(明治17年)に唱歌として広くお披露目された。

「蛍のともしび つむ白雪」

…つくづく美しい詞だ。



今では殆ど、一頃の騒がしさはなくなったけれど、卒業式場での国旗排除、国歌拒否という日教組・組合員、一部では共産工作員どもの荒くれ振りは全く痛々しかった。

終戦後、連合軍は日本の戦前教育払拭の一環として教員組合の統合を図った。

そこで生まれ落ちたのが日本教職員組合。

「子供を戦場に行かせない、子供に銃を持たせない」をスローガンに誤った反戦機運を戦後社会に作り上げた。

が、最も大事なことは、戦いなくして平和はない、ということ。

それは日本の歴史、世界の歴史が悉く証明してる。

それこそ、いつ攻めてきても不思議じゃない近隣の極潰し国家に備える以外に、真っ先に餌食にされてきた「子供」を守る手立てはない。

そして、愚の骨頂なのは、平和時に戦争を否定してしまうこと。

虫も鳥も、どんな生き物も、生き長らえてる物は、所詮、犠牲になった物の上に胡坐をかいてるにすぎなくて、
戦争を否定してしまうことは、その犠牲の意味さえ葬り去る。



1996年(平成8年)、戦後日本に生まれた自虐史観が盛んに問題視されるようになった頃、文部省は、学校での国旗掲揚、国歌斉唱への強化に取り組み始めた。

それに反発したのが日教組。

が、TVに映し出された当時、卒業式場で荒くれる当事者らは、簡単に身の危険が及ぶような場所でない、聖域・学校内ですら悠々とできず、卑小な共産主義者ように、不安で険悪に顔を引きつらせ、この世の終わりって表情で、むしろ、違和感を強く滲ませてた。

それもその筈、国旗排除、国歌拒否はテロリズムだ。

一皮むけば共産テロリストでしかない集団は、
戦前教育の誉に怯え、大意に唾する後ろめたさ、国威を足蹴にする罪悪感に苛まれてたとしても全く不思議じゃない。

日本人である限り、先祖から受け継いだ和魂が、そう易々と体内から炙り出せるはずはないから。

とは言え、実質テロリストを教育現場に置いとけるわけはなく、現在に縮小を続ける日教組の限界が露呈してる。



以前は教師、今は教員。

が、仰げば尊しは教員どものテロ攻撃に見舞われながら、辛うじて僅かに生き続ける。

これは、もしかしたら、学生諸君の「慕い」の表れじゃないんだろうかとも考える。

諸君は臆せず、師を求めろ。

年が明ければ卒業シーズンは目前。

ってことで、皆さま、ご一緒に♪






2019年12月3日火曜日

私有地にコソっとゴミを投げ込まれたら地主が処分せんなんて知ってた?


「「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第5条(清潔の保持)の規定」だと。

なんでやねん~~~~~~~

な、な、なんでやねん~~~~~~

おおおっかしいやろ。

ゴミは捨て得かい!

市に電話したら、市が処分するのは公共の場に不法投棄されたものだけで私有地のものには手がだせんじゃと。

警察に電話しろっちゅうから、おっちゃん、取り敢えず、「ヤダ!」っちゅうといたずら。



公共の場は納税者が作って血税で維持しながら、それ自体は納税しとらんじゃろが。

納税してる私有地のゴミこそ、市が引き取らんかい、ぼけ、かす、すっとこどっこい!

市はゴミ屋敷をナメとんじゃ。

おっちゃんが空前絶後のゴミ屋敷地獄をお見舞いしちゃる。

あと数十年待っとけ。






2019年12月2日月曜日

<動画> 北岡ひろし - かささぎ橋 - with ATS






ほぼ3年、限定公開にしたまんま忘れてた。

著作権フラグの様子みて、なんなら限定に戻しやす。

相変わらず下手な動画らけも、良かったら観てちょ。

ピータービルトのこのルーフ・アンドンは、もう復活させられんちゃねぇ…




2019年11月28日木曜日

2pac - Get on the floor 1991 - Starin' Through My Rearview Remix






アップした瞬間に著作権フラグ立ってやんの。

もうすぐ30年だが。

ホント、尊敬すんわ。




2019年11月26日火曜日

2020年札幌共催五輪の経済効果は道路補修で先ず10億円~





http://news.hbc.co.jp/b23042b3e7b5ed090901cdf495766c62.html(スマホ画面)
11月26日(火) 12時19分
「札幌市は、東京五輪のマラソンと競歩のコースに使われる道路の補修費を10億円程度と見積もり、早ければ28日からの定例市議会に補正予算案を提案したい考えであることがわかりました。」

また、赤字北海道の象徴、JR北海道への国による経営改善命令での検証機関、第三者委員会が26日に初めての会合を開いたよう。
http://news.hbc.co.jp/89bdaba42f4b0229defb3cf705a1024b.html(スマホ画面)

委員会委員長に就任したのはANAホールディングス社長だって。

はぁ?

それによると5月を目途に意見集約を目指すとか。

ま、せいぜい集約しなよ。

おっちゃんの一案は、
夏の道外者価格超絶値上げで宜しいかと。





2019年11月25日月曜日

GSOMIA 譲歩の南鮮、国内ガス抜きで日本向けイチャモン政策絶好調~


https://www.fnn.jp/posts/00427822CX/201911251154_CX_CX
2019年11月25日 月曜 午前11:54
「日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の維持が22日に決まった経緯をめぐり、韓国大統領府が、「日本側が合意内容を歪曲(わいきょく)して発表し、日本政府が謝罪した」としていることに対し、菅官房長官は、「謝罪した事実はない」と反論した。」
「梶山経産相は「対話を再開することは、両国ですりあわせた結果だ。私どもは(影響は)出ないと考えている」と述べた。」



小選挙区質にある日本の田舎芝居国会の先天的「鈍さ」は、対南鮮に必ずしも不利と言えなさそうずらね。

半島特有の分裂意識をマトモに取り合ってちゃ、日本人でさえ正気でいられないかも。

例えば、
「謝罪」について、菅官房長官の発言以前、南鮮側は、
「日本が謝罪を否定しない」ことを謝罪したことの根拠にしてたし。

また、WTO提訴の停止については、
それを否定する根拠に「いつでも再開できる」ことを挙げる有様なんよ。

ガス抜きにしても必死すぎるなや。



漢字を排除せざるを得なかった南鮮人の頭の程度は、漢字を排除したことで、更に劣化の一途辿ってるとしか言いようがねぇっちゃね。

こんな奇天烈な国と関わって行かなきゃならない政府に、ちっと同情しちゃいそう。

ただし、鈍さだけじゃ竹島は取り戻せないんずらぜ。




2019年11月23日土曜日

大正天皇 <動画>






大正天皇は八王子の地に眠られている。

皇領奪還。

令和万歳。