new-h


Eminem not here forever.

2020年2月5日水曜日

2Pac The Green Manalishi - Thug Style Remix


今回、2000円払ってビデオ作った。

音声波形(オーディオスペクトラム/音に合わせて素材を動かす)を取り込んでみたかっただよね。

一般的に使われてるソフトは2つ。

Adobe After Effects 月額(税込み)2,728円:
https://www.adobe.com/jp/products/aftereffects.html?gclid=CjwKCAiAyeTxBRBvEiwAuM8dnU1J03d8T9eqiw7PaNSlSi92-P9cgtD1nx8Z1cMlYbAF8A_r3iNb8BoCSM0QAvD_BwE&sdid=19SCDRPS&mv=search&ef_id=CjwKCAiAyeTxBRBvEiwAuM8dnU1J03d8T9eqiw7PaNSlSi92-P9cgtD1nx8Z1cMlYbAF8A_r3iNb8BoCSM0QAvD_BwE:G:s&s_kwcid=AL!3085!3!393883842958!e!!g!!after%20effects

AviUtl 無料:
https://www.gigafree.net/media/me/aviutl.html
AviUtl集中講座~音声波形表示:https://www.nicovideo.jp/watch/sm17213637

Adobeは高価で「論外」。

AviUtlはプラグインで構成していく仕様で、パぁなおっちゃんは「出入り禁止」。



で、使ったのが、音声と画像ファイルがあればオンラインで作成できるっていう
Renderforest:
https://www.renderforest.com/jp/

ウィザードに沿って作っていけるけも、ネット利用は、やっぱし分かり難いところもあって結構躓くんで、バックさせたり進めたりして何とか終わった。

無料は1分間の出力だけ。

1本のみの税抜き価格は、360pが1100円、720pが1800円、1080pが2400円ほど。






0 件のコメント:

コメントを投稿